ペットの遺骨を人のお墓に入れてもいい?


大切な家族の一員であるペットたち

ペットセレモニー・ペット火葬を行い、

お骨になってからも「一緒にいたい」と考えるのは

動物と暮らす人にとっては当然と言える考えだと思います。


しかし、遺骨の埋葬については、

条例・法律などが影響することもありますので、

注意が必要です。



【ペットの遺骨を人のお墓に入れてもいい?】

すでにお寺や公営墓地などにお墓がある方で

ペットのご遺骨を一緒に埋葬したいという方もいらっしゃると思いますが、

残念ながら基本的には「NG」です。


人の遺骨を埋葬する「墓地」は法律で許可された場所に限られています。

逆にいうと、法律で「墓地」とされている所には

人のご遺骨“しか”埋葬できません。


動物のご遺骨は法律上、「廃棄物」として扱われるので、

人の遺骨が埋葬される「墓地」に一緒に入ることはできません。



【人と動物が一緒に入れるお墓もある】

しかし、民間の管理会社が運営を管理している

いわゆる「民間霊園」の中には、

『ペットと入れるお墓があります』と宣伝している所もあります。


こういった民間霊園では、

行政(保健所など)の審査を受けて認可を得た区画に限り、

人とペットのご遺骨が一緒に埋葬できるお墓を建立することができます。


一緒に入れると言っても、法律上は「遺骨」と「廃棄物」に分かれるので

同じスペースに入れるのではなく、

人の遺骨を納める場所(カロートといいます)とペットの遺骨を納める場所が

2段に分かれている形になっています。

(カロート部分が2階建てになっているイメージです)


きちんと認可を受けていればこのように同じお墓に入ることもできます。

行政が運営する公営墓地でも一部人とペットのご遺骨が一緒に埋葬できる

お墓を建立できる所もあるそうです。

ただし、認可を受けるのは、既存の墓地では難しいらしく

新しく造成された墓地に限られているのが現状で

数もまだまだ多いとは言えないようです。



【認可を得ずにやっている可能性も】

きちんと認可を得ている『ペットと入れるお墓』がある反面、

無認可で受け入れてしまっている霊園もあると聞きます。

無認可で行っている場合、詳しいことは分かりませんが、

行政指導や他の利用者とのトラブルが発生する可能性があります。


無認可の霊園を見極める方法というものは確実にはありませんが、

「以前からある霊園が急に『ペットと入れるお墓』を宣伝し始めた」

場合は注意が必要かもしれません。

認可を得た霊園は現時点では新しく造成された墓地に限られているようなので、

古くからある霊園は無認可の可能性があるかもしれません。

(必ずそうだとは限りませんので、ご了承ください)



【霊園の中にペット専用の墓地があることも】

新しい霊園でも、古くからある霊園でも

霊園の敷地内に「動物専用の墓地」がある霊園はあります。


法律的には“同じ場所に”人とペットの遺骨を埋葬することに問題があるので、

同じ霊園の敷地内でも「人のお墓専用の場所」と「動物専用のお墓の場所」が

離れて設けられていれば、法的な問題は生じません。




【zutto petでもご紹介できます】

zutto petのある浜松市浜北区にも

きちんと認可を得て『ペットと入れるお墓の区画』と『動物専用の合同墓地』を

持っている霊園があります。


※外部リンク 花園やすらぎ霊園

https://www.hamamatsu-hanazonoyasuragi.com/


zutto petでペットセレモニー・ペット火葬を行われた方に

ご紹介することもできますし、

事前の霊園の見学希望なども受け付けておりますので、

大切な家族の「終のすみか」を考えておくのも

ペットたちに出来る事の一つではないかと思います。


91回の閲覧
  • ペット葬のZuttopet(ずっとぺっと)Facebook
  • ペット葬のZuttopet(ずっとぺっと)Twitter
  • ペット葬のZutto pet(ずっとぺっと)Instagram

浜松市でペット葬のご相談はZutto petへ

<24 時間365日対応>